身だしなみで変わる印象

身だしなみを整えてバイト面接も好印象

Writer

Writer社会人やバイトスタッフが必ず知っておきたい身だしなみについて紹介します。面接やビジネスの場で役立ててください。問い合わせはこちらからお願い致します。

特集ページ

  • 身だしなみが必要とされる理由身だしなみとは、簡単に言えば身なりのマナーです。着飾ることではありません。TPOに合わせた服装と清潔感がポイントです。
  • 運気を向上させる効果身だしなみを整えると運気が向上すると言われています。印象が良くなって運気も上がる身だしなみ。さっそく今日から整えましょう。

適切な服装で面接を突破

バイト先にふさわしい服装をしよう

バイトの面接の時にどのような服装で行けば良いか悩む人も多いでしょう。バイトと一口に言いますが、職種により職場の雰囲気や行う作業もかなり違います。軽作業とアパレル店員のバイトでは面接で求められる服装も当然違ってきます。面接の際も、基本は「バイト先に見合った服装」をすることです。
飲食店のバイト先の面接では「清潔さ」が特に重要になります。アパレルショップのバイト先の面接では、ある程度の「おしゃれさ」が必要になるでしょう。そのアパレルショップで扱っている服のイメージに近い物ならより良いと思います。塾講師やオフィス系のバイトの面接ではスーツが良いでしょう。その他の職場ではそれほど特定の服装にこだわる必要はありません。ただし職場の雰囲気に合った服装を着て面接に来た人は、やはり職場に溶け込みやすそうな雰囲気を面接官に与えることができます。まずは面接先の職場で働く自分をイメージして、面接で来ていく服を選ぶことが大切です。

定番のバイト面接服をおさえよう

特に特徴のない職場でバイトをする場合は、定番の面接服をおさえておきましょう。基本的にバイトの面接では、応募者の人柄を見る目的で面接官が座っています。バイトに求められるのは「真面目さ」です。そこで不真面目に見えない服装をすることが大前提になります。
ボロボロのデニムパンツやつま先が極端にとがった靴などは避けたほうが良いでしょう。女性の場合も胸が大きく露出している服装や丈が短すぎるスカート、ゴスロリなどの極端な服は、真面目な印象を与えることができませんので面接では避けた方が良いでしょう。男性は「襟付きの無地のシャツ」そして「コットンパンツ」、「革靴」が良いでしょう。シンプルすぎるかもしれませんが、誰に対しても好感を与えることができる服装です。シャツの色も白を中心とした清潔感がある色を選ぶとより良いでしょう。軽作業や引っ越し、居酒屋などの体力が必要なバイト先の場合は、デニムパンツにスニーカーのスタイルも良いでしょう。きびきびと動けるイメージを与えることができそうです。女性の場合もやはり「無地、または地味な柄の襟付きのシャツ」、そして「ちょうど良い丈のスカート」、「シンプルな革靴」などを揃えましょう。

ピアスOKの職場でも、面接ではピアスNG

応募要項に「茶髪OK」「服装自由」「ピアスOK」「ネイルOK」などと記載されている職場があります。このようなバイト先の面接に行く時に注意したいことがあります。面接では相手の人柄や真面目さを見る目的で行われていますので、できれば「面接を通過したい」という本気と情熱を面接官に与えたいものです。そこで茶髪OK、服装自由、ピアスOKの職場の面接でも、黒髪で襟付きの無地のシャツにコットンパンツで、ピアスは外し、ネイルもしないほうが良いということになります。バイト先で認められている自由を享受するのは、まず面接に受かってからだと心得ましょう。

出世したい男性へ

  • 男性は機能性がポイント

    男性がビジネスシーンで着用するスーツはおしゃれより機能性を重視するようにしましょう。夏は涼しく冬は暖かい機能を備えたスーツが良いでしょう。またダークな色味の生地を選ぶと相手に落ち着いた印象を与えることができるのでおすすめです。しっかりと体にフィットしたサイズのスーツを購入することも大切です。ベーシックなスーツを選んだら、ワイシャツとネクタイで少し遊びを入れて、着ている人の個性をアピールするのも良いでしょう。

  • 清潔を維持する習慣

    清潔さを保つことがすべてのシーンにおいて身だしなみの基本となります。それぞれ清潔さを保てるような習慣を身に付けるようにしましょう。まず朝起きたらすぐに「顔を洗う」「歯を磨く」「髪を整える」ことが大切です。また鼻毛や爪の伸びすぎもチェックして、長すぎる場合は適切な長さにカットしましょう。家に帰ってきたら「お風呂に入り」「ゆっくり眠る」ことが大切です。翌日に疲れを残さないことが翌朝の身だしなみをする意欲につながるからです。