身だしなみで変わる印象

印象の良い身だしなみで転職成功!

Writer

Writer社会人やバイトスタッフが必ず知っておきたい身だしなみについて紹介します。面接やビジネスの場で役立ててください。問い合わせはこちらからお願い致します。

特集ページ

  • 身だしなみが必要とされる理由身だしなみとは、簡単に言えば身なりのマナーです。着飾ることではありません。TPOに合わせた服装と清潔感がポイントです。
  • 運気を向上させる効果身だしなみを整えると運気が向上すると言われています。印象が良くなって運気も上がる身だしなみ。さっそく今日から整えましょう。

転職を成功させる身だしなみ

第一印象が重要

転職活動の山場ともいえるのが面接試験です。ここで採用担当者に好印象を持ってもらうことが採用へのポイントになります。特に初対面の時の第一印象が大切になりますが、その第一印象を決めるのが身だしなみ、つまりその時に着ている服装ということになります。転職活動の成否を左右する重要な身だしなみのポイントを知っておきましょう。
まずは男性の身だしなみのポイントです。「スーツ」「ワイシャツ」「ネクタイ」に注意をしましょう。スーツの色は黒か濃紺の無地の物が良いでしょう。ダブルスーツは面接では避けた方が無難でしょう。注意したいのが着丈です。服のサイズが自分の身体にフィットしているものがベストです。ワイシャツも同様で、体のサイズに合ったものを着るようにしましょう。ネクタイは明るい印象を与える明るめの色が良いでしょう。
「靴下」「靴」にも注意を払いましょう。靴下は黒か濃紺のビジネスタイプの物を履いておけば大丈夫です。靴はもちろん革靴で、古くても良いのでピカピカに磨いていくことが大切になります。髪型はきちんとセットしますが、整髪料でテカテカしてしまうのは避けましょう。髭は面接の直前に剃ることができればベストです。剃り残しが無いようにきちんとチェックしましょう。鼻毛や爪の伸びすぎにも注意が必要です。

女性の身だしなみのポイント

女性が転職を目指す時は、その転職の動機によって着こなしも変わります。まずは「キャリアアップ」を目指す人の着こなしについてです。仕事をバリバリこなしたいという意味を含めて動きやすい「パンツスーツ」を選ぶと良いでしょう。色は黒か濃紺が無難ですが、明るめの茶色などをチョイスすると若さをアピールできます。紺は新卒の学生をイメージさせてしまいますので、ある程度職歴を積んだ社会人が着る服としては不適当です。「ブラウス」「シャツ」などのインナーは白でももちろんOKですが、濃い色を選ぶと引き締まった印象を与えることができます。メイクはハッキリさせると仕事ができそうなイメージに仕上がります。リップとチークは、落ち着いた色味にするのがおすすめです。
まだ職歴が浅い若い人の転職では、「スカート」がおすすめです。色は黒か濃紺、グレーなどを選ぶと良いでしょう。インナーは白を選ぶと間違いありません。ただし襟が大きく広がるタイプのシャツは上品に見えにくいので避けましょう。メイクは素直でソフトな印象を与えるようにしましょう。またラメやグロスが入ったアイカラーは避けましょう。
男女どちらにも言えることですが、面接前にクリーニングに出し、しわがない状態の服を着ることが大切です。

出世したい男性へ

  • 男性は機能性がポイント

    男性がビジネスシーンで着用するスーツはおしゃれより機能性を重視するようにしましょう。夏は涼しく冬は暖かい機能を備えたスーツが良いでしょう。またダークな色味の生地を選ぶと相手に落ち着いた印象を与えることができるのでおすすめです。しっかりと体にフィットしたサイズのスーツを購入することも大切です。ベーシックなスーツを選んだら、ワイシャツとネクタイで少し遊びを入れて、着ている人の個性をアピールするのも良いでしょう。

  • 清潔を維持する習慣

    清潔さを保つことがすべてのシーンにおいて身だしなみの基本となります。それぞれ清潔さを保てるような習慣を身に付けるようにしましょう。まず朝起きたらすぐに「顔を洗う」「歯を磨く」「髪を整える」ことが大切です。また鼻毛や爪の伸びすぎもチェックして、長すぎる場合は適切な長さにカットしましょう。家に帰ってきたら「お風呂に入り」「ゆっくり眠る」ことが大切です。翌日に疲れを残さないことが翌朝の身だしなみをする意欲につながるからです。