身だしなみで変わる印象

ビジネスの場で好印象!女性の身だしなみ

Writer

Writer社会人やバイトスタッフが必ず知っておきたい身だしなみについて紹介します。面接やビジネスの場で役立ててください。問い合わせはこちらからお願い致します。

特集ページ

  • 身だしなみが必要とされる理由身だしなみとは、簡単に言えば身なりのマナーです。着飾ることではありません。TPOに合わせた服装と清潔感がポイントです。
  • 運気を向上させる効果身だしなみを整えると運気が向上すると言われています。印象が良くなって運気も上がる身だしなみ。さっそく今日から整えましょう。

女性は適正な丈が大事

ポイントはスカートの丈の長さ

女性が仕事をする時に着るスーツは、基本的に無地で黒または濃紺が良いでしょう。また若さを演出したい時には明るいベージュなどを選ぶのもおすすめです。スーツのスタイルはオーソドックスな形を選ぶようにしましょう。例えおしゃれに見えたとしても、スリットが深いものや体のラインが過度に強調されているものは避けた方が良いでしょう。
またスカートの丈が短すぎると相手に良くない印象を与えてしまいます。スカートの丈の長さが持ち主の社会常識を示していると考えて、注意を払うようにしましょう。試着をする時にイスに座ってみるとちょうど良い丈が分かりやすいのでおすすめです。椅子に座った時にスカートで膝が隠れる程度の丈の長さのスカートが良いでしょう。スーツのインナーには白のカッターシャツがおすすめです。胸元が開きすぎているものは避けましょう。

タイツの色に注意しよう

寒い時期にスカートをはいている女性は、足が冷えると思います。そこでつい着用したくなるのがタイツです。実際に冬場にタイツを着用する女性はとても多いと思います。しかしタイツは基本的にフォーマルではなくカジュアルな存在になります。できれば仕事に行く時は避けた方が無難なアイテムとなります。スカートの下に合わせるものは、やはりストッキングがベストです。それも目立たない肌色に近いナチュラルカラーのストッキングを合わせるのが社会人のたしなみだといえるでしょう。あまりにも寒い時はパンツスーツにするなどして対策を立てましょう。

指先とメイクもオフィス向けにしよう

女性の魅力を演出するポイントに指先の美しさがあります。ただし爪の長さには注意をしましょう。事務作業をする職場で、パソコンにデータ入力をする人などは、タイピングの邪魔にならない程度の長さに切りそろえましょう。その他の仕事に関しても職務の妨げにならない爪の長さを保つことが重要になります。
マニュキュアをする時は、薄いピンク色かベージュなどあまり主張しすぎず、品の良い色を選ぶようにしましょう。ネイルアートに関しては、職場的にOKかどうか確認を取るようにしましょう。OKの場合でもあまり凝ったネイルアートをするのは避けましょう。マニュキュアと同様に主張しすぎない色とスタイルにとどめることが大切です。またマニュキュアもネイルもはがれ落ちる途中の状態は見た目が良くありませんので注意が必要です。
そしてメイクは控えめが基本になります。清潔感を大切にしたナチュラルメイクを心がけましょう。ただしメイクをするのは社会人としてのマナーですので「ノーメイクもNG」です。ナチュラルメイクとノーメイクは、仕上がりは似ていても、マナー的には真逆のものですので注意が必要です。

出世したい男性へ

  • 男性は機能性がポイント

    男性がビジネスシーンで着用するスーツはおしゃれより機能性を重視するようにしましょう。夏は涼しく冬は暖かい機能を備えたスーツが良いでしょう。またダークな色味の生地を選ぶと相手に落ち着いた印象を与えることができるのでおすすめです。しっかりと体にフィットしたサイズのスーツを購入することも大切です。ベーシックなスーツを選んだら、ワイシャツとネクタイで少し遊びを入れて、着ている人の個性をアピールするのも良いでしょう。

  • 清潔を維持する習慣

    清潔さを保つことがすべてのシーンにおいて身だしなみの基本となります。それぞれ清潔さを保てるような習慣を身に付けるようにしましょう。まず朝起きたらすぐに「顔を洗う」「歯を磨く」「髪を整える」ことが大切です。また鼻毛や爪の伸びすぎもチェックして、長すぎる場合は適切な長さにカットしましょう。家に帰ってきたら「お風呂に入り」「ゆっくり眠る」ことが大切です。翌日に疲れを残さないことが翌朝の身だしなみをする意欲につながるからです。