身だしなみで変わる印象

ビジネスマンの印象を決める!男性の身だしなみ

Writer

Writer社会人やバイトスタッフが必ず知っておきたい身だしなみについて紹介します。面接やビジネスの場で役立ててください。問い合わせはこちらからお願い致します。

特集ページ

  • 身だしなみが必要とされる理由身だしなみとは、簡単に言えば身なりのマナーです。着飾ることではありません。TPOに合わせた服装と清潔感がポイントです。
  • 運気を向上させる効果身だしなみを整えると運気が向上すると言われています。印象が良くなって運気も上がる身だしなみ。さっそく今日から整えましょう。

男性は機能性がポイント

機能性でスーツを選ぼう

男性がビジネスシーンで着用するスーツは、オシャレを重視するよりも「機能性」を重視するようにしましょう。特に営業職などは移動が多くなりますので、動きやすいタイプのスーツを選ぶと良いでしょう。型崩れがしにくい機能が付いているスーツも忙しくてクリーニングに出す時間がない時に便利です。また夏場などに快適に過ごせる素材を使っているスーツもおすすめです。色は濃紺やチャコールグレーなど定番色を選びましょう。ダークな色のスーツの方が落ち着いた印象を与えてくれますので、信頼できる人だというイメージを演出してくれます。柄は無地が無難でしょう。どうしても柄が入ったものを選びたい場合は、かなり細い同系色のストライプが入ったものなど、よく見ないと柄があるように見えないものを選ぶと良いでしょう。

スーツの着丈にこだわろう

スーツを購入する時には必ず試着をするようにします。着丈がぴったり合っているスーツはスーツ生地の良し悪しよりも高級感を演出してくれます。確認したいのは上着の袖丈、裾の長さ、パンツのウエストです。別料金がかかったとしても、きちんと着丈が合うようにお直しをすることをおすすめします。試着した時には、上着のシルエットも確認します。ベーシックなシングルタイプの3つボタンのスーツの場合は、一番下のボタンを外すと綺麗な着こなしができますので参考にしてみてください。
またパンツの裾は基本的にシングルタイプを選ぶようにしましょう。ダブルスーツを着る機会があれば、折り返しを入れてもよいのですが、そもそもダブルスーツはビジネスシーンで着る機会が少ないでしょう。

ワイシャツやネクタイで個性を表現する

スーツはベーシックで無難なものを選ぶのが鉄則となります。その反面ワイシャツやネクタイには遊び心を入れたセレクトをしても良いでしょう。基本的には白の無地が鉄板です。周囲と差をつけたい人や印象づけたい人は、個性的なワイシャツやネクタイを選びましょう。ストライプやチェック柄などが控えめに入っているワイシャツなどがおすすめですが、清潔感があるかどうかを必ずチェックするようにしましょう。
またワイシャツもスーツと同様に体のサイズに合っているかがとても重要です。首回りがぴったり過ぎると苦しくなりますので、指が一本入る程度の余裕があるものを選びましょう。ネクタイは無地の物、レジメンタル・ストライプ、小紋などが良いでしょう。スーツと同系色のネクタイを選ぶと失敗が少なくなります。ネクタイは消耗品ですので耐久性などを考慮して生地がしっかりしたものを選ぶと買い替えが少なく済みおすすめです。

出世したい男性へ

  • 男性は機能性がポイント

    男性がビジネスシーンで着用するスーツはおしゃれより機能性を重視するようにしましょう。夏は涼しく冬は暖かい機能を備えたスーツが良いでしょう。またダークな色味の生地を選ぶと相手に落ち着いた印象を与えることができるのでおすすめです。しっかりと体にフィットしたサイズのスーツを購入することも大切です。ベーシックなスーツを選んだら、ワイシャツとネクタイで少し遊びを入れて、着ている人の個性をアピールするのも良いでしょう。

  • 清潔を維持する習慣

    清潔さを保つことがすべてのシーンにおいて身だしなみの基本となります。それぞれ清潔さを保てるような習慣を身に付けるようにしましょう。まず朝起きたらすぐに「顔を洗う」「歯を磨く」「髪を整える」ことが大切です。また鼻毛や爪の伸びすぎもチェックして、長すぎる場合は適切な長さにカットしましょう。家に帰ってきたら「お風呂に入り」「ゆっくり眠る」ことが大切です。翌日に疲れを残さないことが翌朝の身だしなみをする意欲につながるからです。