身だしなみで変わる印象

身だしなみで運気向上!印象を変える第一歩

Writer

Writer社会人やバイトスタッフが必ず知っておきたい身だしなみについて紹介します。面接やビジネスの場で役立ててください。問い合わせはこちらからお願い致します。

特集ページ

  • 身だしなみが必要とされる理由身だしなみとは、簡単に言えば身なりのマナーです。着飾ることではありません。TPOに合わせた服装と清潔感がポイントです。
  • 運気を向上させる効果身だしなみを整えると運気が向上すると言われています。印象が良くなって運気も上がる身だしなみ。さっそく今日から整えましょう。

運気を向上させる効果

身だしなみを整えて開運しよう

身だしなみを整えると開運しやすくなるといわれています。身だしなみを整えるための行動(顔を洗う、服を着替えるなど一連の動作)が、徐々にやる気を生み出し、その日一日を充実させることができると考えられます。「やる気は行動を起こさないと生まれない」と脳科学的にもいわれていますので、その点からも朝に身だしなみを整えることはメリットがありそうです。
身だしなみを整えるといっても、過剰に頑張る必要はありません。休日なのにスーツ姿で一日を過ごす必要もなければ、高級なアクセサリーを付けることや完璧なメイクをすることも必要ありません。清潔感のある自然な服装を心掛けるようにしましょう。「手抜き感がない」ということが身だしなみが整っているかどうかの目安になるかもしれません。まず朝起きたら、顔を洗い、服を着替えて大きな鏡の前に立ってみましょう。気分が上がりやる気が増している感覚を持てたら身だしなみが整っている証拠です。

身だしなみを整えないデメリット

休日などに一日中パジャマ姿で過ごしてしまう人がいます。このようなだらしのない姿で一日を過ごすと思わぬデメリットが生じることがあります。服装が適当で髪もぼさぼさのまま手抜きをしてしまうとその手抜き感がすべての行動に及んでしまいます。やる気スイッチも入りませんので、何もしないで一日を終えてしまうことも考えられます。
友達から誘いがあっても服装を今から整えるのが面倒だからと誘いを断ってしまうかもしれません。また良い天気でも外出するのが億劫になってしまうでしょう。もしも朝きちんと身支度を整えていたら、友達に会うこともでき、外を散歩するなどして有意義な一日を送れたかもしれません。するとストレスが抜けて翌日からの仕事に集中できたかもしれません。朝身だしなみを整えるかどうかでその日だけでなくその後一週間の運気も左右してしまうかもしれませんよ。

自分のための身だしなみなら頑張れる

身だしなみを整えるのは人のためだと考えると面倒になった時にやめてしまう可能性が高くなります。あくまで身だしなみを整えるのは「自分のため」です。開運を促し、充実した一日を送るために身だしなみを整えるということを忘れないでしましょう。自分のためになると分かっているのに身だしなみをきちんとできない人は「セルフコントロール」の能力が欠けているのかもしれません。
まずは朝、顔を洗うところから、ひとつひとつ身だしなみを整えられるようにステップアップしていきましょう。また「ラフな服装が、自分にとっての身だしなみだ」という人がいます。確かにラフなファッションだから不潔で印象が悪いというわけではありません。ラフでありながら好印象を与える着こなしができる人は身だしなみが整っているといえるでしょう。しかしその言葉の奥に「きちんとした服装は面倒」だという考えがないかどうか心に聞いてみると良いでしょう。

出世したい男性へ

  • 男性は機能性がポイント

    男性がビジネスシーンで着用するスーツはおしゃれより機能性を重視するようにしましょう。夏は涼しく冬は暖かい機能を備えたスーツが良いでしょう。またダークな色味の生地を選ぶと相手に落ち着いた印象を与えることができるのでおすすめです。しっかりと体にフィットしたサイズのスーツを購入することも大切です。ベーシックなスーツを選んだら、ワイシャツとネクタイで少し遊びを入れて、着ている人の個性をアピールするのも良いでしょう。

  • 清潔を維持する習慣

    清潔さを保つことがすべてのシーンにおいて身だしなみの基本となります。それぞれ清潔さを保てるような習慣を身に付けるようにしましょう。まず朝起きたらすぐに「顔を洗う」「歯を磨く」「髪を整える」ことが大切です。また鼻毛や爪の伸びすぎもチェックして、長すぎる場合は適切な長さにカットしましょう。家に帰ってきたら「お風呂に入り」「ゆっくり眠る」ことが大切です。翌日に疲れを残さないことが翌朝の身だしなみをする意欲につながるからです。