身だしなみで変わる印象

身だしなみの第一歩!清潔習慣

Writer

Writer社会人やバイトスタッフが必ず知っておきたい身だしなみについて紹介します。面接やビジネスの場で役立ててください。問い合わせはこちらからお願い致します。

特集ページ

  • 身だしなみが必要とされる理由身だしなみとは、簡単に言えば身なりのマナーです。着飾ることではありません。TPOに合わせた服装と清潔感がポイントです。
  • 運気を向上させる効果身だしなみを整えると運気が向上すると言われています。印象が良くなって運気も上がる身だしなみ。さっそく今日から整えましょう。

清潔を維持する習慣

身だしなみの基本は「清潔さ」

人間性は外見から判断されてしまいます。実際にだらしない性格の人、地味な性格の人、派手な性格の人などおおまかな性格は外見から判断がつくものです。もしその予想が当たっていないとしても、そう思い込まれてしまうことは良くありません。特に気を付けたいのが「清潔さ」についてです。清潔さを欠いた外見をしている人はかなり好感度が悪くなってしまいます。きちんと話ができる相手だと思えないようなイメージを相手に与えてしまうでしょう。不潔に思われても良いと考えている人は、社会で活動する時にいきなりマイナスから始めることを覚悟している人だと思います。しかしいきなりハンデを背負った状態で良い人間関係を築くことができるでしょうか。人間も生き物ですので、どんな人でも手入れをせずに放置をしていれば不潔になってしまいます。きちんと清潔さを保てるように自分のケアをすることを心がけましょう。

基本のケアをしよう

清潔さを保つためにすべきことの基本をおさらいしておきましょう。まず朝起きたらできるケアから始めます。「顔を洗う」「歯を磨く」「髪を整える」などです。目が覚めたらまだ眠くても洗面台に行きましょう。そして顔を洗い、歯を磨き、寝癖などを直しているうちに、徐々に目が覚めてきます。だらしない顔をしていた自分がシャキッとしてくるのを目の当たりにするうちに、徐々にやる気が出てくるのを感じるでしょう。基本的な身だしなみや清潔さを保つことは、相手の印象を良くするだけでなく、自分にもメリットがあります。やる気をもたらし、気分を上げる効果があるからです。その後「爪を切る」「鼻毛を整える」「眉毛を整える」という段階に進みましょう。ここまでケアができればかなり清潔さが出ているはずです。

夜も清潔さを保つための準備をしよう

会社やアルバイトから帰ってきた後、夜寝るまでの間も清潔さを保てるようにケアをしましょう。「うがいをする」「お風呂に入る」「きちんと寝る」などが大切になります。清潔さのケアは外見だけでなく体調を管理するためにも意味があります。ゆっくりお風呂に入るとストレスも抜けますし、体はもちろん清潔になります。疲れも抜けやすくなりますのでおすすめです。そして十分な睡眠時間を取れるようにきちんと寝ることも大切です。また寝る寸前まで飲酒などをしていると翌日顔がむくんでしまいますし、息も臭くなってしまいますので避けましょう。せっかくお風呂に入るなどのケアをしても翌日に不潔な感じが出てしまいます。また深酒をすると睡眠が浅くなり次の日に疲れが残ります。朝も気持ちが悪いので、清潔を保つための基本のケアがおろそかになるかもしれません。逆に言えば清潔さを保てるということは、健康的な生活ができているといえるのかもしれません。

出世したい男性へ

  • 男性は機能性がポイント

    男性がビジネスシーンで着用するスーツはおしゃれより機能性を重視するようにしましょう。夏は涼しく冬は暖かい機能を備えたスーツが良いでしょう。またダークな色味の生地を選ぶと相手に落ち着いた印象を与えることができるのでおすすめです。しっかりと体にフィットしたサイズのスーツを購入することも大切です。ベーシックなスーツを選んだら、ワイシャツとネクタイで少し遊びを入れて、着ている人の個性をアピールするのも良いでしょう。

  • 清潔を維持する習慣

    清潔さを保つことがすべてのシーンにおいて身だしなみの基本となります。それぞれ清潔さを保てるような習慣を身に付けるようにしましょう。まず朝起きたらすぐに「顔を洗う」「歯を磨く」「髪を整える」ことが大切です。また鼻毛や爪の伸びすぎもチェックして、長すぎる場合は適切な長さにカットしましょう。家に帰ってきたら「お風呂に入り」「ゆっくり眠る」ことが大切です。翌日に疲れを残さないことが翌朝の身だしなみをする意欲につながるからです。